スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スレイヤーズREVOLUTION 第1話「AMAZING 驚愕のドラグスレイブ!?」

7月期の新アニメである意味一番の注目作がついに始まりました。
すごい。95年前後の林原全盛期を思い出させるOPとED、なにより本編、そしてサブタイトルの頭文字がABC順、すべてにおいてノリが10年前と何一つ変わっていませんでした。
声も、さすがに声の張りが弱まったか?と感じる部分もないではなかったですが往年の頃とほとんど遜色なく。特にグリリバは本当に全く変わらない(笑)

なんというか、第1話を見た感想としては「スレイヤーズだった」としか言いようがなく(笑)
面白いとか面白くないとかいう以前に懐かしい。ただただ懐かしい。EDでバックに映っていた魔族の樹(これもまたスゲー懐かしい)の、フィブリゾとガーヴの部分が欠けていたあたりは芸が細かいですね。
まあ、本当にどこからどうみても90年代アニメそのものだったので、今時の中高生、いや大学生もかな、が見て果たして面白かったのかどうかは分かりかねますが(笑)、少なくとも私と同世代の方は大変楽しめる内容だったと思います。これは来週も見よう。
スポンサーサイト

絶望した&感動した

今日は調子に乗って日記を2つ書いてみる。

いろいろあって書くのが遅くなりましたが、先週の金曜日、アキハバラに行ってコミケのカタログと、とらぶるのDVDを買ってきました。

・・・のみならず、メイドガイのDVD1、2巻まで買ってしまいました。
なんかね、散財したい気分だったんです。予期せぬ臨時収入があったものですから。

で、帰宅して早速見ました。まずはとらぶるのDVDから。
もちろん期待するのはDVDでの修正です。「ドキドキエディション」と銘打っている以上、湯気と光がすっきり消えて、テレビでは見えなかったものがDVDでくっきりはっきり見えるようになっている、と普通は期待するでしょう。だってとらぶるですよ?なのに、なのに・・・


絶望した!!!!!!!!!!!!!!!


確かに髪の毛はずれていました。ずれていましたが、湯気と光が、わずかに薄くはなっているけど全然消えてない・・・!!!!!!!!!!
目を凝らすとうっすらと見えるくらいにしかなってないですよ!なんですかこれ・・・。日和り過ぎでしょう。みんな何を期待してとらぶるのDVDなんかを買うと思ってるんですか。
まだこれですごい映像特典とか、初回特典とかあるなら話は別ですが、付いてきたのはスポーツ紙風の装丁で仕上げたペラい紙1枚とペラいポスター、クリアファイル。映像特典とかはなーんにもなし。DVDなら普通はついているであろうオーディオコメンタリーくらいなものです。
ううん・・・脚本も演出も絶望的にアレなんですから、2巻以降もこの調子なら、もうDVDを買う価値はないよなあ・・・。買うとすれば、触手の6話が入っているはずの3巻と、体育祭の12話が入っているはずの5巻くらいでしょうか・・・。


対して、メイドガイのDVD、こちらは感動した!
本編の出来は言うに及ばず、湯気もはっきり取れてるし、映像特典こそなかったものの初回限定特典が1巻、2巻ともにすごい。
1巻はいろんな作家が描き下ろしたメイドさん画集、そして2巻はDVD全巻収納BOXと、「共生ご奉仕ドラマCD」が封入されていました。
中でもこの「強制ご奉仕ドラマCD」が神です。コガラシがTo Heart2、シャナ、ひぐらしの世界に殴り込み、タマ姉やシャナや入江京介にご奉仕をするというとんでもないコラボレーション企画。タマ姉に向かってメイドガイアイを発動するとかシャナに子供服を着せようとするとか雛見沢村の怪奇事件は実はコガラシが解決したとかフリーダムすぎます。はっきり言ってこれだけで3500円くらいの価値があるんじゃなかろうかと(笑)
メイドガイを本放送でも見て、なおかつDVDまで買うような視聴者が何を望んでいるのかをしっかりと理解していますね。

そんなわけで、これからはメイドガイのDVDを全巻揃えたいと思います(笑)

うう・・・ナナリーの・・・

ナナリーの目が開いたーーーー!!

・・・すいません、今日のギアスを見たらこれしか思い浮かばなくて。
多分同じことを考えた人は一千万人くらいいたと思いますが。

表紙の線画ができました


cover_sample.jpg
今回はこんな感じで・・・。
まあ構図自体はありふれてるにも程がありますがね。前よりは上手く描けたような気がしないでもない。

さあてがんばって色を塗りますか。


4月期のアニメも佳境を迎えていますね。
けいおんは最終話で不覚にも感動しました。あとたくあんが食べたくなりました(笑)
BASARAは・・・2期どうするんでしょうね。信長も消滅したし家康も浅井も島津も死んでるし。忠勝は爆散したし(笑)
やはりここは、1期の話は全部なかったことにして、何食わぬ顔で全員普通に生きている状態で2期をやったりするんですかね。その方がBASARAらしいといえばらしいかもしれませんが。ああ、もちろん忠勝はOO忠勝として登場するんですよね?(笑)


そうそう、昨日、4話ほど録画を溜め込んでしまってたティアーズ・トゥ・ティアラを一気に見たんですが・・・
リディアすげえええええええええ!幼馴染で百合でドSでヤンデレな沢城様ってどんなご褒美だよ!
実質3話ほど登場しただけでもう死んでしまうとはなんともったいない・・・実は生きていたりしないかなあ(笑)

新戦隊とプリキュア

今日から天装戦隊ゴセイジャーが始まりましたので見てみました。
私は戦隊は詳しくないのでわかりませんが、赤→ピンク→黒→黄→青の順で名乗っていくというのはなかなか珍しいのではないでしょうか。
1話としてはまあ可もなく不可もなく。種族の違う5人をこれからどうキャラ立てていくのかに期待ですかね。ただカードがどうも安っぽくて…たぶんバーコードがむき出しなのがいけないんだと思いますが。


そしてハートキャッチプリキュア2話。面白かった!まず単純に動きを見ているだけで楽しい、というのは特に子供向けアニメには重要ですよね。
そして内容も色々衝撃的でした。
まずタキシード仮面・・・もとい、絶望ティエリア仮面の登場。いや、見れば分かります。あれはそれ以外に形容のしようがない容姿。今回声は出ませんでしたがこれで声が神谷浩史だったらもう笑うしかない。
さらにまさかの主人公のおばあちゃんが元プリキュア!しかもそんな重大な事実が2話にして明かされるとは。これはもう35話位でおばあちゃんが若返ってキュアフラワー復活!というそれどこの幻海師範、あるいは魔物ハンター妖子な展開に期待せざるをえません。
授かった力を持て余して暴走、というのもプリキュア的には新しいですね。序盤の情けなさっぷりが実に面白い。でもそれだけスペックが高いのでその気になれば強いというのも上手い設定ですね。
そして武器がまさかのマニ車!(笑)
「はああああっ!」とものすごい勢いでグルグル回していましたが、なるほど、ぐるぐる回すたびに功徳が積まれて敵が浄化していくんですね!(笑)

といろいろ書いていきましたが、やはりなんと言っても最大の衝撃は淫獣がとんでもないところから心の種を出したことなのは間違いない。今年の淫獣は格が違う(笑)

スケジュールがかなりきついというウワサを聞きましたが、そんな中でのこの1,2話のクオリティは素晴らしいですね。来週も楽しみです。

プリキュアに同じ技は二度と通じぬ。これはもはや常識!

…というネタを、コミケに受かった暁には作ろうと思ったハートキャッチプリキュア3話でした。
いやもちろんサークルはとらぶるで申し込んでますので、おまけ的なコピー本か何かでね!

いや3話も面白かったですね。えりかのウザ可愛さは間違いなく熱狂的な信者が大量に発生するレベル。サブタイトル通りのえりかのやる気満々ぶりに感動しましたし、なにより変身バンクと必殺技バンクのやる気満々なことといったら!特に変身バンクは歴代でもトップクラスだと思います。

しかし、面白かったことに間違いはないんですが、同時に脚本に早くも息切れを感じたのもまた事実。変身と必殺技のバンクをフルに見せたために完全に尺が足らなくなったせいか、展開がずいぶん唐突な感じになってしまっていました。実はえりかはプリキュアになる気マンマンだったとか、あのサッカー少女とえりかとの心情の対比だとか、やりたいことは分かるんですが脚本がそれに追いついていなかった気がします。なんとか持ちこたえて欲しいなあ。


それから天装戦隊ゴセイジャー2話。こちらは1話より面白かったなあ。ロボ戦闘がなかなか燃えました。あと山田ルイ53世が意外なまでにハマっていて笑った。
旅客機、戦闘機、新幹線、ブルドーザー、潜水艦に、5人それぞれのシンボルになっている動物の生首的メカが取り付いてゴセイマシンに実体化するあたりは勇者シリーズを思い出しました。勇者シリーズも大体その辺の乗り物がロボになってましたからね。
あと合体がマニュアルというのもこれまであまりなかったんではないでしょうか。ヘビ型メカの後ろ半分がグネっと曲がって右足全部と股間と左足の上半分を担当する、というのもなかなか斬新な変形でした。

それにしても今作の敵幹部、声が飯塚昭三、飛田展男、力ちゃんという凄い布陣のせいで勝てる気が全くしませんね(笑)

今週もゴセイジャーとプリキュアは面白かった

ゴセイジャーの3話、面白かったですね。5人のキャラもだんだん立ってきましたし、1話からじわじわと面白くなってきている気がします。でもやっぱりあのカードは安っぽいですよねえ・・・バーコードむき出しもそうなんですが、ペナペナなのがどうも。


そしてプリキュア4話。今週もまたものすごい詰め込み脚本でしたね。
まだ序盤なだけに変身バンクも必殺技バンクもたっぷりと見せないといけないから大変なんでしょうねえ。
でも面白かった!先週は面白かったけど今後に一抹の不安を感じないではなかったですが、今週はそんなことはありませんでした。
それにしてもまさか2人同時変身バンクがあるなんて。そんなことセラムンでもやらなかったのに!しかもなんという神バンクか!2人同時必殺技のラブラブ天驚拳的シャインスパークもすごかった。

いつでも見られるようにここに全部張っとこう(笑)
ハートキャッチプリキュア! 変身シーン
キュアブロッサムバンク
キュアマリンバンク
プリキュア・フローラルパワー・フォルティッシモ
いやもうこの変身バンクすごいよ…歴代最高といってもいいんじゃないですかね?

ところで・・・淫獣のおもちゃのCMやってましたが・・・おもちゃでも心の種はアソコから出すんですね・・・(笑)

プリキュアとかゴセイジャーとか

先週の土曜日に、ついうっかりアバターを観にいってしまいました。
なんかナウシカやもののけ姫を見ている気分になりましたが面白かったですね。大佐超カッコイイ(笑)
ウワサの3Dはあんまり飛び出て見えなかったような…いちばん飛び出してたのは始まる前の、別の映画の予告での飛び散ったガラスの破片でしたよ。
しかしあとでウィキペディアなどを見てみたら、3Dは飛び出すというより奥行き感を出そうとしてのものだったらしい?…それなら納得。たしかに奥行きはあるように見えました。


ゴセイジャー4話…敵の攻撃により世界中が大ピンチ!というのはなんか昭和の戦隊でよく見たような気がするシチュエーションですね。しかし、なぜか日本の昼間に起こったことなのにアメリカもアフリカも昼間だったり、いまどきそれかよ!という中国の描写とか、昭和の頃からまるで進歩していないなあ (笑)
ところであのメカ、緊急時に備えてマスターヘッドが送り込んでおいた、というのはともかく、なんであそこにあったのか、という説明は一切ありませんでしたが、そのうちされるんでしょうかねえ。どうも作品のノリ的にはそういうもんなんだとしてこのまま放っておかれるような気もしますが。


そしてプリキュア5話。親子ものとして王道中の王道な話をまっすぐにやりきってくれましたね。面白かった。
決め台詞が今ひとつ決まらないから次までに考えとく、というのは新しいなあ(笑)

ブロッサム おしりパンチ!

プリキュア6話・・・いやあ今週もパーフェクトに面白かった!話もよかったけどやっぱりおしりパンチが全部持ってたなあオレもおしりパンチ食らいてえ!とか幸せな気分でEDのスタッフロールを見て、そりゃもう驚愕しましたね。演出が…か、かかか勝間田具治!!!???
これはまたえらい人を引っ張ってきたものですね…そりゃあ面白かったわけだ。年季が違いますよ。冒頭の生徒会長の合気道シーンなんかも動きがちゃんとしてましたしねえ。
となると赤い心の種によるあのパワーアップは、トランザムではなく加速装置だったわけだ(笑)

来週は生徒会長話のようですが・・・どうも生徒会長が実は女の子で、そのうち3人目のプリキュアになりそうな気がしてなりませんね。まあ、女の子ではなく普通に男で、史上初の男の娘プリキュアになったとしても私は一向に構いませんがね!!(笑)


ゴセイジャー5話はちょっと社会風刺的なものが入りつつハイドの人となりがよく分かる話で面白かったですね。新たにシーイックゴセイグレートに合体もして充実した内容でした。
まあシーイックゴセイグレートのデザインは個人的には正直どうよと思いましたが(笑)
眼帯で敵の戦闘力を分析・・・まあ誰もがそう思ったでしょうがやはり何かを思い出さざるをえません。敵の声もフリーザ様だったことですし(笑)

ゴセイジャーとプリキュア×2

先週は水戸コミケのことばかりで書けなかったので2週分。

まずゴセイジャー
・6話
どう見てもアラタの話だったはずなのに最後にメカがパワーアップしたのはランディック族だったという。
話の軸がぶれてた気もしますが、まあ、アラタの頑張りがランディック族のパワーアップを呼び起こしたわけですから、今週の「世の中に無駄なことなどひとつもない」というテーマには合っていた…のかな。

・7話
ひょんなことからとあるジーサンの家で農作業を手伝うことになったが、その農作業が意外と戦いの役に立って、力任せではない戦い方を会得するアグリの話・・・なんですが、アグリがジーサンの家に行く流れが超展開すぎてジーサンがただのキチ以下略になってたんですが(笑)

それにしても次回予告に出ていた生首5つ全部を胸部に付けたゴセイグレートはいくらなんでもシュールすぎやしませんか(笑)


そしてプリキュア
・7話
実は女の子だけど病弱な兄に代わり当主となるべく男の子として生きる会長の悩みを浄化する話。やっぱり会長は女の子でしたね!銅像の影でぬいぐるみをモフモフする会長かわいすぎです。これはもう3人目じゃなかったら暴動が起こるレベル(笑)
話もいつもどおり面白かったですが、生徒会のメガネやコブラージャさんのリアクションなど意外とギャグ回でもありましたね。

・8話
カリスマモデルのもも姉の悩みを浄化する話。
もも姉のクラスメイトの声が…まさか1話限りのゲストキャラに先代プリキュアのあのお方を当てるようなことはないでしょうねえ。これはかなりの重要人物となっていくんでしょうね。
しかし、ラストのもも姉の心の種とえりかの心の種が隣り合わせになるという演出、正直申し上げて某ちゃんねるのスレを読むまで気がつきませんでした。自分の鈍さというか読解力の無さというか、なんとも情けない限りです。見た時点で気がついていれば感動したでしょうにねえ。もっと注意深く見ないとダメですね。

もう7月ですか

昨日今日と修羅場モードを発動し、連日3時くらいまで冬川さんに寄稿する原稿の作業をしていたのでもう仕事中眠くて眠くて(笑)
しかもこういうときに限って仕事で波乱に富んだ展開が起こっていつもより頭使わされたりするんですよね。全く世の中よく出来てます。
まあ、修羅場モードを発動せずにすむように計画的に作業をしない自分が悪い。

いつもならここで完成した絵をupする所なのですが、子供が見てはいけないような絵なのでここにupするのはやめておきます。そのうち色塗って pixivにupします。


さてもう7月ですね。7月といえば当然7月期のアニメが始まりますね。皆さん何に期待されているのでしょうか。
私としてはもちろんプリキュアとけいおん、そしてまさかの2クール目に突入した会長はメイド様は引き続き見るとして、7月期期待度トップ2はやはりストライクウイッチーズ2期と戦国BASARA2期ですね。次点が今日から始まるアマガミSSとあの原作をどうアニメ化するのか楽しみな生徒会役員共、でしょうか。
あとは黒執事II、祝福のカンパネラ、学園黙示録、オオカミさんと七人の仲間たち、あそびにいくヨ!は録画しておきます。見るかどうかは分かりません(笑)
伝説の勇者の伝説やみつどもえ、セキレイ、ぬら孫などは他とかぶったりテレ玉でやらなかったりで見られません。

しかしアニメといえば昨日あたりからとんでもない朗報が飛び込んできましたね。

とらぶるの再アニメ化ですって!!!!!!!!!!!!!

OVAなのかテレビアニメなのかは分かりませんが仮にテレビアニメだとすれば、ジャンプで連載が終わった作品のアニメ化というのは最近は武装錬金や初恋限定などがありますが珍しいことであろうというのは間違いなく、なおかつそれが2度目のアニメ化となればこれは確実に初めてのことでしょう。そしてこの再アニメ化というのが2期というべきものなのかイチからやり直すのかは分かりませんが、後者であればジャンプアニメでは遊戯王以来の出来事ではないでしょうか。奇跡に奇跡が重なった大奇跡ですよ。

しかもキャラデザと中の人以外は総とっかえだとか。これは朗報なのかどうかは始まってみないとわかりませんが、まあ、前のテレビ版より悪くなるということはそうそうないでしょうからねえ…。

あとはテレビであれば放送局ですよね。TBSではなくU局かAT-Xだといいなあ…

まあ、とにかく今後の続報を待つことにいたしましょう。

キュアサンシャインできたよ!あと前期と今期のアニメの話

curesunshine.jpg

ようやくキュアサンシャインが塗り終わりました。
一応、現状で持てる力の全てを結集したつもりではあるんですが…それが反映されているかどうかは…どうでしょうね。


さてそれはそれとして前期に終わったアニメのおさらいと今期のアニメについてを簡単に。
前期はけいおん!!・ストライクウイッチーズ2・世紀末オカルト学院の3強、次点で生徒会役員共、会長はメイド様、といったところでしょう。
特にオカルト学院は完全なダークホースでした。アニメノチカラもやればできる子だったんじゃないか。
期待度は高かったBASARA2は、ラスト2話はまさに私の望んでいたBASARAだったので大満足でしたが、総じて個人的にはちょっとBASARAにしては真面目な話すぎたかなあ?ということで今ひとつ乗り切れなかった所がありました。

学園黙示録と祝福のカンパネラと黒執事II、オオカミさんと七人の仲間たち、あそびにいくヨ!は…好みじゃないとかだんだんつまらなくなってきたとか、もろもろの事情で途中までしか見てません。「えーあれ好きだったんだけど」という方すみません。
ああでも学園黙示録は「濡れるッ!!」までは見ましたよもちろん。沢城様になんて事を言わせてるんだ!全く素晴らしい。

で、今期ですが。
今のところ見たのはSTAR DRIVER輝きのタクト、Panty&Stocking with Garterbelt、侵略!イカ娘、それでも町は廻っている、バクマン。、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、そしてもっとTo LOVEる。
FORTUNE ARTERIAL、えむえむっ!、おとめ妖怪ざくろ、神のみぞ知るセカイ、百花繚乱サムライガールズ、咎狗の血、探偵オペラ ミルキィホームズはまだ見てません。

見た中ではまあどう考えてもスタドラとパンストの圧倒的二強です。他の何を見逃してもこの2つは見るべきです。
特にパンストはタイトルと絵柄で見るのを敬遠している人はあまりにもったいない。まあ、これで一体どう商売する気なのか全然分からないのとなにやら2クールというウワサですがこんなテンション2クールももつのかとか心配なことはあるんですが、こんなとんがったアニメそうそう見られません。

その他で気に入ったのはそれ町。シャフトの芸風と小見川さんの棒演技がたまりません。
イカ娘、俺妹、バクマン、もっととらぶるもどれも丁寧に作られていたと思います。
とらぶるは完全に原作未読者置いてきぼりの作りでしたが、正しい判断だと思いますよ。新規顧客を開拓しようとか原作未読者も楽しめるようにとか、そんな名目だったのかも知れませんが、全く原作の意に沿わないどうでもいいオリジナル話にした結果が前作のアレだった訳で…いやそれで面白かったなら別に文句はなかったんですが、まるで全く面白くなかったですからね…。

ということで、今期は始まる前、期待できそうなのがスタドラくらいかなあと思っていたのですが、蓋を開けてみれば意外と豊作かも?

爪弾くは荒ぶる調べ

curemelody.jpg

お正月以来ほったらかしてしまった…

超絶に今更ですが、埼玉在住の私は平穏無事に生きております。
計画停電の範囲にバッチリあたる所に住んでいるので、夕方と夜を各2回、都合4回停電になりました。
一度夜の停電のときに地震があったのですが、何しろ本当に真っ暗で冷蔵庫の音も何もしない静寂の中の地震だったので、震度は全く大したことはなくてもかなり不安になりました。
こちらではじきに終わると分かっている停電ですからまだいいものの、被災地ではこれが日常茶飯事なんだよなあ…と思うとその不安と恐怖たるやいかばかりかと。募金でも何でも、とりあえずできることはやろうと改めて思ったものです。

さて、ブログのほうでご紹介するのを完全に忘れていましたが、実は2月にSAIの練習がてらキュアメロディの線画を描いてpixivに上げたんですね。
すぐに色を塗ろうと思っていたのですが、発売日に手に入れた3DSでレイトンやったりPSPでDDFFやったり、あとはまあ地震だ節電だ停電だでなんとなく気分が削がれていたのもあってしばらく放置してしまいました。
で、レイトンもクリアしDDFFも一段落し、停電も落ち着きましたので先週あたりから少しずつ作業を始め、今日ようやく完成しました。
ディフュージョンフィルタとかグロー効果のやり方を今更ながら覚えたので思う様かけてやりました。ちょっとやりすぎたかもしれませんw
忌憚のないご意見ご感想をお待ちしております。
ああ、第2次スパロボZ発売前にできてよかった…w


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。