スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のとらぶる

OVA製作決定、しかも13、14、15巻の予約限定特典だとおーーーー!!!!????
しかしなあ・・・脚本と演出のスタッフが一緒だったらまったくもって期待はできんわけですが・・・。と思ったら、巻末の長谷見先生のコメント
「OVAの監修をしてます!脚本も1話書きました。ファンの期待に応えられるようにがんばってますっ!!」
おお・・・!!わずかに、ほんのわずかに光明が・・・!!これなら、もしかするとなんとかなっているかも・・・この一縷の希望に賭けてみるか・・・!?

今週の話の方は・・・まさかの超展開でセリーヌ擬人化!!ついに矢吹先生と長谷見先生、小学生では飽き足らず赤ちゃんまで出してきたーーーーーー!!!
いやあ、これはしばらく育児イベントですか?間違いなくこのまうまうが主だった人たちのおっぱいに吸い付くね!(笑)
連載終わりそう・・・と思っていたところにこの新キャラ、そして15巻までOVAが付録として付いてくる、というのはまだ連載が続くという明るい判断材料としてもいいんですかねえ?
スポンサーサイト

表紙ヤミちゃん完成

hyoushi.jpg
hyousi3.jpg

今週のOOは、DVDでGN粒子がスッキリするんですね!!(笑)


やっと冬コミの表紙が出来上がりました。どうでしょうか?
当日はこんな表紙を見かけられましたらお立ち寄りいただければ幸いです。3日目の東タ-56bにいるはずですので・・・。中身はものすごくしょーもないことになっているとおもいますが・・・

今週のとらぶる

ヤミちゃんのトランス・マーメイドktkr!!!!!!!!!!
モモの声が豊崎愛生だとおおおおおおおおおおおおおお!!!??

・・・と喜んでる場合じゃないですよ・・・
なんかど~~~~~見ても終わりそうですよ・・・
ものすごい話が進んじゃったんですけど・・・。
いや、今まで終わりそう終わりそうと言われつつも終わらないので、ある意味で少し安心していたのですが、さすがにこれは・・・。ヘタすりゃ来週か再来週には・・・(泣)

どうやら・・・

いろいろ飛び交っている情報を見ると、本当に、来週でとらぶるが終わってしまうらしいですね・・・。
某ちゃんねるのジャンプ打ち切りスレで確度の高い情報を出す人がそう言っているようで・・・。↓こんな風に。

ジャンプ打ち切りサバイバルレースpart1121

729 : ◆EizHb38XPU :2009/08/24(月) 23:41:20 ID:DKNKgkmaO

小ネタ

・40とらout

・ドベ5 めだか、赤星、PSY、鍵、へたっぴ

・in41~藍本 保健室の死神

 42~葦原 リリエンタール

・41C姉、亀


もうずっと最後尾だったわけですし、いつ終わってもおかしくはないと覚悟はしていました・・・が、それにしたって急過ぎやしませんか?今週でいきなり何の脈絡もなく春菜ENDへの展開になり、来週終わりだなんて。マンキンでもこうまで急に終わりましたっけ?

最後尾常連になってから粘りに粘っていましたし、バクマンでも言及されていたことから、きっと何らかの配慮がなされていて、最後尾常連でまだ当分は続いてくれるだろうと油断していた面もあります。OVAも出るし、一番くじプレミアムもあるし、ノベライズも出たし、メディアの展開的にも終わりそうな気配はどこにもなかったので、その分ショックが大きいです。

いろいろと言われている矢吹先生のプライベートな事情のこともありますし、この急な打ち切りは、単にアンケートが取れないからだけじゃなく何かウラ事情があるんじゃないのかとちょっと勘繰ってしまいたくなります。あんなことがあったししばらくは子育てに専念される、とか・・・。まあ、そういうのは下衆の勘繰りというやつですか。

今はただ、この打ち切り情報が間違いであって、今日グチグチ書いたことは全部ただの早とちりだった!あー恥ずかしい~~~・・・ということになるのを切に願うばかりですよ。来週の月曜は斎戒沐浴してジャンプを買わねばなりますまい。

明日か・・・

はあ・・・まだ明日になっていないのに、なんだろう、このものっそい喪失感・・・

というか、あの情報が入ってからずっとそうなんですけどね。

まあ、全ては明日です。とりあえず今は気を取り直して。
サークルカットは無事27日夜にアップできました。
pixivcirclecut.png

あとで色も塗ろうかなと思います

オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな 

この果てしなく遠いとらぶる坂をよ・・・

ああ・・・本当に終わってしまいました・・・。

終わってしまうのは仕方ありませんし、恐らくどういうルートをたどろうと、最終回はこういう話になったことでしょう。なので最終回そのものについては何の不満もありません。でも、ここに至る過程は・・・18巻続いたマンガの終わり方じゃあないよなあ・・・という思いはあります。


先日、こんなことをあれこれ考えるのは下衆の勘繰りかなと書いておいてなんなんですが、気になるものは気になります。やはり、あの騒動が原因で、お子さんのためにきちんとケリをつけるための終了、という説が濃厚だとささやかれているようですね。まあ、ソースは某ちゃんねるでしかないので、信憑性に関しては何とも言いがたいですが、個人的には妥当な線だとも思います。
これが本当だとして、ということでこの先は書きますが、矢吹先生にはぜひとも頑張っていただきたいものです。こんなことで連載が終わらなければならないなど、本当に愚かしいとしか言いようがないですからね・・・。しかしこんな騒動があったのに、一度も休載をせず、単行本の修正にも妥協を許さなかった矢吹先生には頭が下がるばかりです。
いつの日かきれいに片がついて、心身ともに充実されたら、またジャンプに戻ってきてください。


まあ、今日で完全にとらぶるが終わったわけでもありません。単行本とOVAはあと3つあるわけですし、なによりとらぶるの画集が出るというニュースはこれ以上ない朗報です。3冊買わないと!
それに、事情が事情です、片がつけば、とらぶる再開の芽だって万に一つくらいはあるのではないかと踏んでいます。掲載誌はスクエアになったりするかもしれませんが。希望は捨ててはいけませんね。今週のアンケートとファンレターも出しましょう。


ともあれ、矢吹、長谷見両先生、いちご100%に次ぐジャンプ史上2位のラブコメ長期連載、ジャンプのエロ描写の地平を切り開いたあくなき挑戦、本当にお疲れ様でした。3年間、本当に楽しませていただきました。今はただ、お二人に無上の感謝を。

らぶから!

今週のジャンプについにとらぶるのイラスト集の情報が・・・!
矢吹先生の描き下ろし多数、ポスター、袋とじ漫画、着せ替え紙人形と盛りだくさんのようですが、やはりなんといっても

「本誌掲載カラーP完全網羅!!」

これですよ!と・う・ぜ・ん、加筆修正されてるんですよね!?ヘンなところで日和ったりしませんよね集英社様!!??
加筆修正後のカラーPが見たいという我らの宿願がついに叶うときが来るのでしょうか・・・。これであとはやりすぎで泡だらけになった赤マル掲載のイラストまで無修正で収録されていたらもう言うことはないのですが。 続報を待ちましょう。

冬コミ情報~

c77yami


既に申し上げましたとおり私のサークルは落ちましたが、
今回は3日めのV-13a「雪月花」様のとらぶる感謝本に1枚寄稿させていただきました。
画像はその一部分です。ちなみにこのヤミちゃんは、はいてません(笑)

しかし、このとらぶる感謝本、参加者の皆様があまりに錚々たるメンバー過ぎます。
「うわ、この方の本買ったことあるよ!うおっこの方のなんか毎回買ってるよ!!」という方々ばっかりです。
こんなすごい方々の中に私なんか混ざっちゃってよかったんだろうかと恐縮しきりですよ。
とらぶるにももちろん感謝ですが、このステキな企画に、私のようなものにまでわざわざお声をかけてくださった冬川さんにも大感謝です。

もちろんその分気合は入れたつもりです。個人的には今まで描いたヤミちゃんの中でいちばん上手く描けたんじゃないかしらと若干うぬぼれております。まあ、上手く描けたといっても所詮私の画力のこと、全然大したことはありませんが…冬コミ当日、ご覧になっていただければ幸いです。

小畑先生!フキダシが邪魔です!

…と、今週のバクマンを読んで心の底から叫んだのは私だけではないはずです。むしろそう思うのは紳士のたしなみと言ってもよいでしょう。
さすがにバクマンじゃあ単行本でフキダシがどいたりはしないよなあ…無念。

あと福田さんが男前過ぎて惚れそうです。さすがジャンプで一番好きなマンガがとらぶるなだけのことはある!とらぶる好きに悪い人はいませんよ、ええ(笑)

それにしても年明け1月4日は画集「らぶから!」発売にSQで迷い猫開始、そしてジャンプ本誌では読み切り掲載にいぬまるだしっとのコラボ(多分…まああのシルエットなんだから間違いなかろう)と空前の矢吹先生祭になりそうですね!今週号のいぬまるコラボ企画と予告から想像するに、矢吹先生の描くたまこ先生のあられもない姿が拝めるということなのでしょうか。それは見たい。超見たい。
今から1月4日が楽しみで仕方ありませんが、とりあえず今週号の「らぶから!」広告のハダカ絆創膏美柑だけでご飯3杯はいけます。神は今も変わらず神だった・・・!

塗り納め

guestcolor_s.jpg

今日、秋葉原でらぶから!をゲットしました。


らぶから!を読んだあとの感想、まあ、一言で言えば、

生きててよかった・・・!!!!!!

ですね(笑)
カバーと取ったウラ表紙のマロンGJ!とか着せ替え美柑のリボンすごすぎとか、袋とじで私の武装錬金がヴィクター化しそうだとか色々ありますが、矢吹先生が、ロングインタビューやイラストコメントでスキあらばまたとらぶるを描きたい、という意欲を示してくださっているのが何よりの感動です。その言葉だけで我々はあと10年は戦える。


さて、てっぺんの絵ですが、今年の塗り納めとして、先日upした、3日めのV-13a「雪月花」様のとらぶる感謝本に寄稿させていただいた絵を塗りました。まあ、別に何かが見えているわけでもないのですが、一応はいてなかったりするので、全身像はpixiv(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=7859603)のみにupしてあります。よろしければそちらもご覧ください。

それにしても、寄稿させていただいた本、先日も書きましたが改めて見るとやっぱり他に執筆された方々が凄い人ばっかりです。

ビクッ. ∧ ∧ ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) < うおっ、なんかすげえ所に迷い込んじまったぞ、ゴルァ!
     ./ つ つ    \______________________
  ~(_⌒ヽ ドキドキ
     )ノ `Jззз

このAAを思い出さざるを得ないほどに(笑)
ほんとに、この企画の末席に参加させていただけてよかったなあと。


さあ明日からコミケですね。皆さんがんばりましょう。

今週のリリエンタールが健気すぎて生きるのが辛い

「てつこを・・・こまらせるな!!!」
は今週の全作品の中で1番感動しました。ちょっと泣きそうに。
葦原先生はジャンプで久しぶりに面白い話が作れる人ですね。
…が、あんこくまじん編、ここまで来るのにいささか長かったのが気になるところです。
個人的にはその長いのを補って余りあるいい締めだったと思ってますが、アンケにはどう出るか・・・。


そして待望の保健室の死神お風呂回。
不特定多数のハダカの女の子に踏まれ続けるとかどういうご褒美ですか。
みのり先生のおっぱいは至宝。シンヤは女神。
…が、なぜこの大事なときに花巻さんがいない・・・!!
花巻さんもいれば大きいのから小さいのまで全て揃って完璧だったのに。藍本先生次はよろしくお願いします(笑)


おまけ
一騎当千XX × 真・恋姫無双
http://www.ikkitousen.com/ikkoi/
誰もが一度は考えるであろうこのコラボ…まさか公式でやるとは…

エース…

人が死なないワンピースで、ルフィの兄でありロジャーの息子であるエースが死ぬ、というのはこれはもうとてつもなく重大かつ感動的な場面である、はずなのですが…うーん…仲間の声も聞かず赤犬の安い挑発に乗った挙句にこうなってしまったわけで…白ひげ海賊団やルフィたちの思いを自分で台無しにしておいて「ちゃんと助けて貰えなくてよ…!!!すまなかった…!!!」もないもんだ、とどうしても思ってしまうんですよねえ・・・。マグマ>火という上下関係を知らなかったようですし、オヤジを侮辱されて見境が無くなるというのは分からないわけではないですが、それにしても。
今際の際のせりふなんかはものすごく感動するんですが、そこにいたる過程に個人的にどうも納得がいかなくて、感動し切れなかったかなあというのが今週の衝撃展開の感想です。
と同時に、この局面を踏まえてここから先どういう展開を見せてくれるのかには大変期待しています。

まあ、もしかしたらここまでやってもまだ生きているという展開かもしれません。そしたら上記の感想はえらく恥ずかしいことを書いてることになりますね(笑)


今週は他のジャンプ看板作品も凄かったですね。
ブリーチは、まああの藍染は間違いなく幻だろうというのを想像できない人は皆無だったでしょうが、その身代わりが雛森だった!というのはなかなかにエグくていい展開ですね。
しかし、一護は気がついていたなら早く言えよ!と思った人は私だけじゃないはず。
そしてハンター。タコの戦闘がこれほどまでに面白いというのはもう異常。
ここ2回のヘタッピマンガ研究所Rを読んで、まあ毎週掲載できないでどの口が…!と若干思わないではないのですが(笑)、やはり話作りにかけてはとんでもない能力の持ち主だなあと改めて思いました。


他は・・・保健室の死神、すっかり花巻さんはパンツ要員になりましたね。この間のお風呂で出てこなかったのは花巻さんはハダカではなくあくまでパンツ担当だからということなのか(笑)
現在私イチオシのリリエンタールは、もう兄も紳士もさくらも本当にいい男すぎて感動すら覚えるんですが、掲載位置がやばすぎる・・・。しかも来週から新連載が2本始まってしまいます。まさかこの展開で来週終わりということはないと思うんですが・・・。
多分、今回新連載の代わりに出て行くのは、ひとつは今週終わってしまったねこわっぱ(これも嫌いじゃなかったんですけどねえ・・・)として、もうひとつは3週連続で載ってた読み切り枠か、富樫が電池切れを起こすか、だと信じたい。
まあ、今回を乗り切っても、来期以降も不安な日々は続くわけですが・・・。

立てばジェントル 座れば紳士 歩く姿はマジ紳士

今週のジャンプ最高の名言は間違いなくこれでしょう。
「紳士危うきに近寄らず」「紳士爆発大暴れ」「水も滴るいい紳士」など紳士語録は実に声に出して読みたい名言ばかりですね。
リリエンタールが令一郎のことを「れいいちろうさま」と呼ぶのも、いかにも4歳らしく「令一郎」「様」ではなく「れいいちろうさま」という名前だと思っている節がうかがえてほのぼのとした気分にさせてくれます。
本当に葦原先生のセリフ回しのセンスは相当なものだと思いますよ。
でも掲載順がとうとう最後に…うあああああ・・・やっぱりあんこくまじん編が長すぎたのがいけなかったんだろうなあ…。
でも来週から待望のカナリーナ編に突入するわけで、ならもう少しはもつんでしょうか。単行本1巻のライトニング光彦と大魔女カナリーナの裏設定を読んで心ときめかない紳士はいません。来週から超楽しみです。
いやでもぬら孫だってサイレンだってめだかボックスだって、いつ終わってもおかしくない低迷期を乗り越えていまや立派な中堅作品になったんです。リリエンタールだってきっと…!


ところで今引き合いに出しためだかボックスですが、最近めきめきと面白くなってきている気がしますよ。話の展開やセリフが初期の頃より西尾維新色が強くなってきているせいですかね?しかしなぜマグロの妹でめだかの姉がくじらなのか。大きさもさることながら魚類ですらないぞ。それだけ異常揃いの黒神一族の中でもひときわ異常だということを表わしてるんでしょうか。

とらぶる18巻、あと今週のリリエンタール

先週末は世界樹の迷宮3が楽しすぎて他に何もする気が起きませんでした。プリンセス・ファランクス・ウォリアー・シノビ・ゾディアックの5人をメインにして、さっき2階層のボスを辛うじて倒しました。

そんなわけで書くのが少し遅れてしまいましたが、とらぶる単行本18巻すなわち最終巻について…。

本編の加筆修正の気合の入り具合というのは今更言うまでもないのですが、なるほど巻頭コメントにあるとおり最終巻だけあっていつにも増して気合が入っていたように見えます。日々進化もとい神化最初の頃に比べると乳首の描き方がずいぶんと変わりましたよね矢吹先生。
そしてジャンプ本誌では矢吹先生いわくキングクリムゾンが発動したという美柑がリトと添い寝する話、単行本でめでたく完全版が掲載されましたが・・・小学生の妹のオシリを揉んで、あまつさえ股間のほうにまで手が・・・美柑は美柑で顔赤らめて呼吸が荒くなってるし・・・そりゃキングクリムゾン発動するでしょうよ(笑)

しかしこの最終巻の真骨頂は本編よりもオマケのラフイラストと矢吹先生・長谷見先生・担当のスペシャルトークでしょうね。おっぱいを合わせてる春菜と唯とか、成長したセリーヌとか手で隠すヤミちゃんとかなんたる眼福か。当然全員ハダカなのですがヤミちゃんはフトモモのベルトだけ残してあるあたり矢吹先生は趣というものを完璧にわかっていらっしゃいますね。

そしてスペシャルトーク。
美柑は長谷見先生公認のリトの妻であること(笑)、
リコの回はアンケートが6位と大人気だったこと、
2年目以降は構図のマンネリ化に苦労されていたこと、
ある週からサザエさん時空になったのは、進級したら沙姫がいなくなってしまうことに加え、一番の理由が「美柑は中学生になってはいかん!」と矢吹先生が判断したこと(笑)
(そうすると属性が変わり、制服を着だすとちょっと大人になってしまう、あの時点ではまだその段階ではないと思った、というちゃんとした理由があってのことですが)、
矢吹先生の柔らかそうなおっぱいの描き方は新人作家が参考にしていること、
長谷見先生は萌え系の仕事しか来なくなっちゃったこと(笑)
「あんなこと」があった時期、矢吹先生は現実で涙を流しながらも漫画ではいつも通りのおバカなエロ展開を休載もせずに貫いていたことに編集部全員が感服していたこと、
いろいろ分かったことがありましたが、なんと言っても次回作についての矢吹先生のこの一言。

矢吹先生「やらせてもらえるなら、とらぶる2(笑)」

…もちろんその後矢吹先生ご自身がおっしゃってるとおり、フタガミダブルの可能性が高いんでしょうし、今は迷い猫がありますからね。でもこの一言だけで我々はあと10年は戦えます。希望は捨ててはいかんのですよ…!
このスペシャルトーク全体をとおして両先生のとらぶるへの思い入れのようなものが伝わってきましたし、本編とオマケイラストの充実ぶりもあいまって、この18巻は読んでいて感動で泣きそうになりました。

いくら希望は捨てないといえど、この18巻で一応の区切りがついたのもまた事実。ジャンプでの最終回のときにも書きましたが改めて。矢吹先生と長谷見先生、お疲れ様でした、長年楽しませていただいてありがとうございました。


そして今週のリリエンタール。
おうちに帰ったらやりたいことを思い浮かべ、泣きながらも諦めずに「ぽくりぽくり」と壁を殴るリリエンタール。その想いとてつこ達の想いに呼応して光りだしたバス…涙腺の決壊を止めるのが大変でした。絵柄が絵柄だけにこういう話をやられると余計に来るものがあります。
…話的には完全に締めに入ってしまっているとしか思えませんし、それでも尚リリエンタールが生き残るためには、今期の改変が、冨樫の息切れともう一つリリエンタール以外の何かが急落、というくらいしか道はないでしょう。非常に厳しい。
最後の最後までアンケートは出しますが、せめて、リリエンタールがもう一度日野家で楽しく暮らせるような、すっきりとしたハッピーエンドを迎えて欲しいなあと思います。

秘剣…ライトニングイナズマ

光彦が!ライトニング光彦がきた!!!!!!

今週のリリエンタールがもう、もう!!

バスが縦向きになった拍子で令一郎に寄りかかられてうれしそうなオリガにまずほほえましくなり、本当にとても賢くて立派なスーパーうちゅうねことリリエンタールとのやりとりにうるうるときて、シュバインさんとエリート組のかっこよさと小気味よさに痺れ、そして最後の

「秘剣…ライトニングイナズマ」

で完全に涙腺崩壊。

これぞ王道、もう熱すぎてかっこよすぎて。電車の中で最初に読んだときには泣きそうになるのを必死で堪えたんですが、帰宅してもう一度読んだらもうボロボロ泣いてしまいました。

というかもうここ3週はリリエンタールを読むたびに涙腺が大変なんですけどね・・・先週もうちゅうねこが復活してリリエンタールと運命の出会いを果たした場面は震えました。この3週はジャンプのほかのどの作品よりもリリエンタールが一番面白かったです。
ああ…こんなに面白いのに、やっぱり終わる…んですよね…きっと。もったいない、あまりにもったいない・・・。


あと今週のジャンプでもうひとつだけ。

大石先生、よく言った!!!!!!!!!!

みのりちゃんのアレは凶器

・・・どうせならシンヤと鈍ちゃんの凶器も見せてくださいよ藍本先生!
というか今週の保健室の死神を読むまでみのりちゃんはファスナーの下には何も着けてないと思っていたのは絶対に私だけではなかったと固く信じていますよ。

先週はいろいろあってクタクタになって日記を書く気力もなかなかわかず、結局1週間遅れになってしまったのですが…リリエンタール、終わってしまいましたねえ…。
最後2話はかなり詰め込んで駆け足の展開ではありましたが、伏線もほとんど消化したし、リリエンタールは無事におうちに帰れたし、いい終わり方だったと思います。最終回、てつこが白まじんを出してリリエンタールを助けたところなんかは、あんこくまじん編の伏線が活きて感動しました。紳士にもかっこよすぎる見せ場が用意されましたし。
「乾坤一擲紳士は無敵」
「無駄かどうかはだいたい自分で自分で決めるのが紳士…そしてチャンスというものは、求める者にはほんの一瞬で充分なのですよ」
なんて相当な名言ですよ。
ああ、面白かったのになあ…アンケートも頑張って出したんですが…。こういうほのぼの面白い話というのはジャンプではなかなかアンケートは入りづらかったんでしょうね。
ともあれ葦原先生お疲れ様でした。話作りはとても上手いと思いますし、キャラ作りや台詞回しのセンスも大変光ってました。少なくとも私はこのセンスは大好きでした。次回作にも期待しております。

矢吹先生「やだなぁ、ただの影ですよ(笑)」

松先生「心がやましい人だけが何かに錯覚するんですよ(笑)」

というわけで、迷い猫オーバーラン!キャラナビブック「猫缶!」を買ってきました。
折込ポスターやピンナップ、そして描き下ろしイラストの数々が凄すぎて、本当にこれがジャンプコミックスの名で出版されたものなのか疑ってしまいますね。メガミマガジンの間違いじゃないのかと(笑)

そして矢吹先生と松先生の対談では「あの水滴」について上のようなコメントが。さらに「読者は股間の水滴に、己の品性を見出すらしい」という解説まで。心がやましくて品性下劣で申し訳ありませんでした(笑)

作中のパロディネタを紹介するページに書かれていたもの、ほとんどは分かっていましたが、「昼寝好きなビーグル犬を飼っている人」には今の今まで気がついてませんでした・・・言われてみれば…っ!!

アニメ版の特集のほうでは、で、今後の話の監督が誰なのかが書いてありましたが・・・最終話の監督が佐藤順一って!4話が大地丙太郎だと知ったときも結構な驚きでしたが、えらい大物引っ張ってきたなあ!

しかし、今まで言ってませんでしたが、我が家では迷い猫のアニメが見られないんですよね・・・MXが映らないもので。先週はものすごい勢いで咲パロだったとか、その前は何故かロボットアニメだったとか色々すごいとウワサは耳にするんですが。ああ残念。佐藤順一なら確実にステキな最終回になるに違いないのに…。

いくつかつらつらと書いてみましたが、他にも矢吹先生のラフ原稿やネームとは思えない綺麗なネームも見られるなど大変充実した内容でありました。
「古手川唯」と書くべきところを「西園寺唯」という謎の人物名に誤植されていたりもししますがそんなことは気にしない!(笑)
大体我々年寄りは幼少の頃から双葉社や「大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?」でおなじみエンターブレイン社などのゲーム攻略本でイヤというほどヒドい誤植を見てきましたからね。今更この程度の誤植なんともありませんよ(笑)

あ、ちなみにヨメナビの診断結果は叶絵でした。
…まあ、そうなるだろうな…(笑)


それから、保健室の死神3巻も買いました。
2巻でまさかの乳首修正をやってくださった藍本先生、3巻のみのりちゃんもバッチリと修正が!藍本先生ありがとうございます。

祝とらぶるスピンオフ

数日前から情報は出回っていましたが、一応SQ.発売日までコメントするのは待っていました。

ジャンプSQ.11月号からとらぶるスピンオフ連載開始…!

再アニメ化だけでなく、まさか連載まで…!いやあ…こんなことってあるんですねえ…なにかこう、この驚きと喜びをどう表現すればいいものかよく分かりません。驚きすぎて喜びすぎたあまり、今は一周まわってやたらと冷静になってます(笑)

おそらく迷い猫と同じようにアニメのタイアップ連載というところなのでしょうから、それほど長期の連載は望めないのかもしれません…が、迷い猫も人気に押されてSQ19で連載継続が決定したわけですからね、頑張って応援すれば…!

というわけで、決意も新たにまだまだとらぶるを応援していきますよ!


それから、今日は賢い犬リリエンタール最終巻と保健室の死神4巻を買いました。
保健室の死神は路線もキャラもすっかり安定して、いよいよジャンプ中堅マンガの風格を漂わせ出しましたね(笑)
そしてリリエンタール。最終話が何ページか加筆され、さらに最終回の後のお話の描き下ろしが収録されていました。
何度読んでもリリエンタールが壁を殴る所と秘剣ライトニングイナズマで泣きそうになります。そして描き下ろしのラストの紳士の言葉でまた涙が。紳士かっこよすぎるだろ…。

はあ…何度も同じグチを繰り返すことになりますが、なんでこんないい作品が終わわっちゃったんだろ…。しかも、まあ結果論ではありますが替わりに始まった連載があっさり終わってしまいそうですからね、余計にそんな気分にもなるというものです。

とらぶるダークネス

ついに始まりましたねとらぶるダークネス!

矢吹先生、覚醒しすぎです…!!もう神どころの騒ぎではない。界王神ですね。あのブックカバーはもはや家宝。
モモとか唯とかルンとかのアレやらナニやら、心のやましい人だけが何かに見える何かの描き込みもバッチリです。
モモのハーレム計画を軸にしつつ、ヤミちゃんの過去も掘り下げていくことになりそうなお話のほうにも大いに期待しております。もちろん新キャラもね!とらぶるで唯一足りない要素だった後輩キャラですしね。

ところでとらぶるダークネスって、略称はどうなるんでしょうかね?とらダク?闇ぶる?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。